チョコレート嚢腫とはどんな病気かというと、チョコレート嚢腫は子宮内膜症の一種です。 子宮内膜症とは、子宮内で起きる病気ですが、チョコレート嚢腫は卵巣内で子宮内膜症が起きる疾患です。 そして、卵巣内に血が溜まり、その血がドロドロのチョコレートのような嚢腫なので、チョコレート嚢腫といいます。 最近では、チョコレート嚢腫になる女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)が増えてきています。 なぜ、チョコレート嚢腫になるのかというと、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)や血液の流れが悪い、月経血が逆流するためなどといわれていますが、実際のところ、医学的な原因はわかっていません。 しかし、チョコレート嚢腫になる方が増えてきているので、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)が大いに関係しているのだと思います。 チョコレート嚢腫になったならね、腰痛や激しい月経痛、不正出血、性交痛などの症状が現れるようですね。 でも、中には、全く症状がないという人もいます。 早期発見できればいいのですが、症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が悪化すると、チョコレート嚢腫はどんどん大きくなり、破裂していまうこともあるのです。 破裂していまうと、回復手術をしなければならないのです。 ですので、女性は1年に一度、子宮がんの検診を受ける事をオススメしますー